風俗好きにとって大宮原子爆弾 作り方

  • 投稿者 : 剣道デビット
  • 2013年4月23日 12:47 PM

父のいた四川省宣伝部の管轄に属する何十もの部局から割りあてにしたがって集まつた幹部である。あの憎らしい桃(シヤウ)女史も来ていた。それぞれの組織が、指示にしたがって造花でできた花輪を出した。花輪の大きさまで、いちいち指定されていた。ある意味では、追悼会が公的に処理されたのは、私たち一家にとってありがたいことだった。風俗 大宮に父のような地位にあった人の追悼会が私的におこなわれたという前例はない。それでは、父は党から完全に切り捨てられたことになる。追悼会にやって来た人々は大半が私の知らない顔だったが、私自身の親友は、「ぽちや子」も南南も、かっての電工組の仲間も、みんな来てくれた。四川人妻大学の級友も来た。学生幹部の(ピン)明(ミン)の顔もあった。熟女が亡くなったあと会うのを拒絶してきたなつかしい平も追悼会に姿を見せ、その場で六年前に中断したままのところから、ふたたび友情が復活した。追悼会では、「故人の家族代表」がひとり出て挨拶をすることになっていた。その役目は、私にまわってきた。私は父の人柄、厳しい倫理観を貫きとおした一生、党に忠誠を捧げた一生、人民のために奉仕した一生を回顧した。そして、父のこの悲しい死の意味をみなさんに深く考えてほしいと思います、と結んだ。追悼会が終わり、参列者がひとりひとり私たち遺族に握手して退出していくとき、求人派だった人たちの顔にもたくさんの涙を見た。あの鵬鋤女史でさえ悲しげな顔をしていた。彼らは、それぞれの場面にふさわしい顔ができるのだ。求人派のなかには、「お父上は、ほんとうにお気のどくでした」と口ごもりながら言う人もいた。そうかもしれない。だが、それだからどうだと言うのか。父は死んだ。それに手を貸したのは、あの人たちなのだ。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。