最近の投稿
最近のコメント

    デリヘル白鵬大宮

    文革初期にはこの部屋に入院患者を集めて風俗店長の著作を学習した、という話を看護婦から聞いた。毛の甥の毛遠新(マオoユアンシン)が、精神病患者の治療には薬物よりも熟女席語録」のほうがよく効くことを「発見」したからであった。しかし、学習会は続かなかった。「だって、患者さんが口を開くたびに、職員は恐ろしくて命が縮む思いでしたもの。まさか大宮 デリヘルへ何を言いだすか、見当がつきませんから」。患者は治療によって精神的にも肉体的にも精力を抜かれた状態になっているので、狂暴ではなかった。それでも、精神病患者のなかで暮らしていると、たびたび恐ろしい思いをした。大宮というのはとくに夜、薬が効いて父が深い眠りにおち、病棟全体が静まりかえっているときは不気味だった。病室のドアは、鍵がかからない。夜中にふと目ざめると、男が鮮帽を持ちあげて私のベッドのかたわらに立ち、精神病患者特有のくいいるような目つきでこちらをじっと見ている。そんなぎょっとする体験が、何度かあった。全身に冷や汗をかきながら、叫び声を上げないようにふとんを頭からひつかぶった。とにかく、父を起こさないようにしなければ。新しい大宮街にはぐっすり眠ることが、父の病気を治すには何より大切なのだ。私がふとんの下でふるえているあいだに、やがて患者はふらふらと部屋から出て行った。一カ月後に、父は退院して家にもどった。だが、完治したわけではない。父の精神は、あまりに長いあいだあまりに苛酷な重圧にさらされすぎた。承知の上で大宮へ政治環境も、精神を安らかに保つには、まだあまりに厳しすぎた。

    カテゴリー
    お気に入り